札幌市中央区の動物病院 アニマルクリニック永山公園 | ワクチン接種(狂犬病ワクチン、犬混合ワクチン、猫混合ワクチン、避妊・去勢手術 一般外科手術を行っています。

アニマルクリニック永山公園

02

Medical assistance診療案内

Target of animal

対象の動物

※診療対象動物が不明の場合は、電話にてお問い合わせ下さい。 ※爬虫類は現在診療しておりません。

General practice

一般診療

各種予防についてVarious prevention

ワクチンとは?

各種感染症のウイルスの毒素を弱めた抗原のことです。ワクチンが体内に入ると、この抗原に対抗するための抗体が体内で作られますので、そのために、次に本物の強い病原体が体の中に入ってきてもその抗体で病原体を退治することができるようになります。
イヌ、ネコ、フェレットのかかる伝染病の多くは、環境または感染している他の動物から感染し、未だ治療法がなく死亡率の高い危険な病気がたくさんあります。
ワクチン接種で防げる病気もあるため、しっかり予防しましょう。いくつかの病気を予防できる混合ワクチンが一般的に用いられます。どの種類を接種するかは、その子のワクチンへの反応性、生活環境により異なりますので診察時にご説明して選択いただきます。

ワクチンの接種時期

子犬や子猫は母親の母乳を飲んでいる時期は母親からの移行抗体(免疫)によって守られています。この抗体はいろいろな病気に対しての免疫物質を多く含んでいますが、8~14週でなくなってしまいます。
ですから、その後はワクチン接種によって作られるワクチン抗体によって病原体に対抗させるのです。
しかし、母親からの移行抗体が残っている間はワクチン抗体が作られないため、子犬・子猫は複数回のワクチン接種が必要です。
更に抗体をその後も維持するために年1回の追加接種をお勧め致します。
初めてワンちゃんやネコちゃんなどを飼い始めると、どんな事からすればいいのかわからない飼い主さんもいらっしゃると思います。

また、ワンちゃんでは狂犬病ワクチンの接種が法律で定められています。
ネコちゃんでも渡航時に狂犬病ワクチン接種と抗体価検査が必要な場合がありますので不明点がありましたらお問い合わせください。

ワクチン

混合ワクチン

生後2ヶ月頃から、1ヶ月毎に2~3回の予防接種を実施しさらに、1年に1回の追加接種をお勧めします。
混合ワクチンにより、以下の病気を予防できます。

  • ・犬ジステンパー
  • ・犬パルボウイルス感染症
  • ・犬伝染性肝炎
  • ・犬パラインフルエンザ
  • ・犬アデノウイルス2型感染症
  • ・犬レプトスピラ感染症
  • ・犬コロナウイルス感染症
  • ・犬ジステンパー
  • ・犬パルボウイルス感染症
  • ・犬伝染性肝炎
  • ・犬パラインフルエンザ
  • ・犬アデノウイルス2型感染症
  • ・犬レプトスピラ感染症
  • ・犬コロナウイルス感染症

糞便検査

消火器内にいる寄生虫の卵の有無を確認する為の検査なので、便を持参してください。

狂犬病予防注射

狂犬病は感染した動物に咬まれることで人にも感染する人獣共通感染症で感染し、発症すれば100%死亡する病気です。
91日以上の犬は、注射が法律で義務づけられています。毎年4月~6月には、注射をしましょう。

フィラリアの予防

基本的にワンちゃんのみですが、ネコちゃんにも感染することが知られています。蚊が媒介するフィラリアという寄生虫が犬や猫の心臓に寄生して起こる病気で、寄生すると心臓の構造を壊し、血液の流れが悪くなるため身体に様々な障害を起こします。放置すると死に至る場合もある恐ろしい病気です。
症状は重症化するまで気づかない場合が多く元気がない、食欲がない、お腹が膨らんできた、呼吸が苦しそう、尿が赤くなるなどがみられます。時期になったら、薬を飲ませて予防します。

去勢手術・避妊手術Castration, contraception surgery

手術の効果が高く、回復が早いのは若いうち

去勢・不妊手術について将来、子孫を残す予定のない動物は、去勢・不妊手術を受けることができます。
生後6ヶ月から手術が可能で、生後1年までに受けるとさらにメリットがあります。
また、一度手術をしてしまうと二度と子供を作ることができません。
犬種やサイズ、個体により差がありますが、ワンちゃんのメスの発情(ヒート)は、生後6~8ヶ月くらいに初めて起きます。
小型犬に比べて大型のワンちゃんのほうが遅く、その後も小型犬は5~7ヶ月くらいの周期で年に2回、大型犬は8~12ヶ月くらいの周期で年に1回以上発情します。
いっぽう、オスの生殖能力が完成するのは生後1年くらい。やはり、小型犬に比べて大型のワンちゃんのほうが遅めです。
家族の一員である愛犬をどのように育てて暮らしていくかをふまえたうえで、飼い主が慎重に検討し、最善と思う選択をしてください。

去勢手術

雄の陰嚢内の精巣を切除する手術です。
問題行動の抑制、前立腺疾患、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどの予防につながります。

  • 1.精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫などのホルモン異常に関連する病気が予防できる。
  • 2.ネコちゃんは、自分の縄張りであることを示す為にあちこちにせわしなく尿ををかける事(スプレー行動)がなくなります。
  • 3.雄同士の勢力争いで喧嘩をする事がなくなり、怪我をすることも激減します。
  • 4.女の子のネコちゃんを求めて家出し、そのまま行方不明になる事がなくなります。
  • 5.相手に不慮の妊娠をさせることが無くなります。
  • 6.しつけがしやすくなることが多いです。
  • 7.性格が大人しくなることが多いです。(生後1年以内で効果が高いです)

避妊手術

雌の卵巣と子宮を切除する手術です。
問題行動の抑制、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、卵巣・子宮腫瘍などの予防につながります。

  • 1.子宮蓄膿症・卵巣腫瘍・乳腺腫瘍(特に2回目の発情がはじまるまで)などのホルモン異常に関連する病気が予防できる。
  • 2.発情が無くなりますので、ワンちゃんの「発情出血」がなくなり、ネコちゃんの発情に伴った鳴き声がなくなります。
  • 3.「しつけ」がしやすくなることが多いです。
  • 4.性格が大人しくなることが多いです。(生後1年以内で効果が高いです)
  • 5.不慮の妊娠が無くなります。

※去勢・避妊手術にはデメリットもあります。1.消費カロリーが減るため、少し太りやすくなることがある。2.全身麻酔をかける為、絶対100%安全とは言い切れない。(麻酔のリスクは、状態、年齢などによって異なります)
上記のメリットとデメリットをしっかり考えた後に手術に臨みましょう。

健康診断のおすすめMedical checkup

大切なペットの健康をいつまでも

近年、ワンちゃん、ネコちゃんの生活環境の改善や医療技術の進歩及びオーナー様の意識の向上などにより平均寿命が年々伸びております。
それに伴い高齢疾患も増加しております。死亡原因で多いのが悪性腫瘍(ガン)や腎不全が事故死と同様に増えております。
ワンちゃん、ネコちゃんは個体差によりますが6歳で人間の40歳になります。

動物たちは、残念ながら自分たちの体調の変化を言葉にして飼い主様に伝える事ができません。
言葉を話すことができない動物の健康を、我々人間側から気づいてあげることでその後の結果が大きくかわり、動物だけでなくご家族の幸せにつながると考えております。毎日の行動や排便、食事など見た目でチェックする以外に、年に1回の健康診断が有効です。
人の病気と同様に、早期発見・早期治療これこそが病気に打ち勝つための重要なポイントになります。
健康診断はご希望、ご予算に合わせて実施致します。

Acupuncture-ozone therapy

鍼灸・オゾン療法

鍼灸治療Acupuncture and moxibustion therapy

鍼灸治療でツボを刺激し、本来持っている自然治癒力を高めます

鍼・東洋医学が受け入れにくい、今の獣医療の見方を変えていきたいと考えています。
鍼で劇的に救われる例がたくさんあり、今までに効果のみられた疾病は椎間板ヘルニア、皮膚炎、腫瘍性疾患、アトピー性皮膚炎などです。
また、免疫不全、腎不全、心不全、てんかんの補助療法としても効果が見込まれます。
消炎前は、苦痛を抑えるだけで治すものではありません。ステロイドは副作用の心配も有ります。

犬と猫の体の表面には約300個の経穴があり、川のように流れる12本の経絡につながっています。経絡には「肺経」「腎経」など臓器の名前がつき、臓器と関係しています。
東洋の伝統医学では、経絡に添って「気」と呼ばれるエネルギーが流れており、これが滞ったりすると臓器に病気が発生するとしています。

鍼灸治療

鍼治療はツボを刺激することにで気の流れを調整し気を補ったり、気を抜いたりするもので、この効果により疾病を治したり疲れたペットをリフレッシュする大きな効果があります。
鍼治療は椎間板疾患、歩行障害などの神経系疾患や関節炎、小生疾患、老齢による変形性脊椎症、筋力低下などの筋骨格系疾患、また、胃腸障害や分離不安、精神的ストレスの解消などに多くの力を発揮しております。 初診 3,240円+診察料 1,080円 / 再診 2,160円+診察料 648円

※治療内容によっては別途費用が掛ることもあります。

鍼灸治療が適応できる病気の例Example

  • 神経、運動器の病気

    椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、関節炎、リウマチ、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全(脱臼)、変性性脊髄症(DM)

    【症状】
    痛がる、動きたがらない、足をひきずって歩く(跛行)、立ち上がるのに時間がかかる、歩くのがゆっくりになる など

  • 生殖器の病気

    前立腺肥大、子宮蓄膿症

    【症状】
    オシッコが出にくい、血尿がでる、便秘、多飲多尿、食欲低下、嘔吐 など

  • ホルモンの病気

    副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、副腎皮質機能低下症、(アジソン病)、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、糖尿病

    【症状】
    多飲多尿、多食、脱毛、肥満、皮膚の黒ずみ(色素沈着)、皮膚の乾燥、腹部膨満、低体温、徐脈、食べても痩せていく など

  • 循環器、呼吸器の病気

    僧帽弁閉鎖不全症(MR)などの心弁膜症、心不全、気管支炎、肺炎、気管虚脱

    【症状】
    咳が出る、呼吸が荒い、運動を嫌う、疲れやすい、運動すると舌が紫になる など

  • 皮膚の病気

    アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、膿皮症、イボ

    【症状】
    痒み、湿疹、かさぶた(痂皮)、イボ、皮膚の赤み、黒ずみ、乾燥、脱毛 など

  • 消化器の病気

    歯周病、口内炎、胃潰瘍、膵炎、アレルギー性腸炎や炎症性腸炎などの腸炎(IBD)、胆泥症、肝炎、肝不全

    【症状】
    食欲低下、下痢、嘔吐、便秘 など

オゾン療法Ozone therapy

人間の医療でも使用されている「オゾン療法」

オゾンと聞くと、殺菌・消毒作用などを思い浮かべる方が多いと思いますが、オゾンを高濃度で血液と反応させることで血行の改善、免疫力の上昇、消炎鎮痛効果など様々な効果があります。人間の医療でも「血液クレンジング」といった形で様々な病気の治療や健康維持のために利用されています。
動物の医療界でもオゾン療法は今とても注目を集めており、ガン治療の補完やアトピー性皮膚炎・自己免疫疾患・椎間板ヘルニア・創傷治癒の促進などに用いられてきています。ただし、オゾン療法を行うには高濃度にオゾンを発生させる特殊な医療機械が必要となるため、まだ多く利用されてはいない状態ですが、当院では、高濃度オゾン発生器を導入しています。
現在オゾン治療を行っている子の多くはオゾン療法を行うとすごく元気になるなど、ご好評をいただいています。

また、オゾン療法に鍼灸治療と伴わさせることで、より高い治療効果を期待できます。
投薬でなかなか治療がうまくいかない、抗がん剤を使用するのは難しい症例等でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

オゾン療法

オゾンの投与法としてはいくつかあるのですが動物では主に注腸法という肛門から腸管のなかにオゾンを注入する方法をとっているため、動物への負担を少なく短時間で治療を行うことができます。
免疫細胞である単球及びリンパ球を増加させ、免疫細胞から産生するサイトカインを利用する治療のことで、細胞の活性化や免疫力の強化が期待できるとされています。
初診 3,240円+診察料 1,080円 / 再診 2,160円+診察料 648円

※治療内容によっては別途費用が掛ることもあります。

オゾン療法が適応できる病気の例Example

  • 悪性リンパ腫などのがん

    免疫力をあげることでがん細胞の増殖を抑制したり、抗がん剤の副作用を軽減する効果が期待できます。

  • 関節炎や椎間板ヘルニア

    血液の流れが良くしたり、炎症を抑えたり、痛みを軽減する効果が期待できます。

  • 皮膚疾患(アレルギー・アトピーなど)

    抗アレルギー作用や殺菌作用で皮膚症状の改善や痒みの軽減が期待できます。

  • 病気の治療の補助療法として

    オゾン療法は様々な病気で治療している子に対して補助療法として有効です。どのような病気で治療している子でも、オゾン療法を併用することで、病気の回復や治癒が早まることが期待できます。

  • 高齢に伴う様々な症状

    血液循環がよくなるので痴呆や前庭疾患などの脳の病気が改善する事が期待できます。また、免疫のアップすることで、食欲不振などの様々な加齢に伴う症状が軽減されることが期待できます。

  • アンチエイジング

    少しでも元気でいっしょにいられるように、オゾン療法のアンチエイジング作用に期待。

Light thermal therapy

光温熱治療

光温熱治療についてLight thermal therapy

炎症・疼痛管理、創傷治癒促進

可視光線から近赤外波長領域の低出力レーザー(Low Level Laser:LLL)は神経•細胞に作用し、疼痛緩和、と創傷治癒を促進する事から、ヒト医療において幅広く取り入られています。
LLLと同様な目的で使用されている直線偏光近赤外線(Linear polarized near-infrared :NIR)に関しても、光線作用とその輻射熱の両作用によって、組織血流の改善、神経興奮性の抑制、筋弛緩および創傷治癒の促進や疼痛緩和作用など、LLLとほぼ同様の効果が認められています。

光温熱療法によるがんの治療

ワンちゃんやネコちゃんの死亡原因は人間と同様にがんが第一位というデータがあります。がんの三大治療方法は外科手術、化学療法、放射線治療ですが副作用の問題や高齢で麻酔のリスク高いなど、全ての動物で適用出来るわけではありません。
副作用の強い抗がん剤や放射線、体への負担が大きい手術が出来ない動物たちの第4の治療として光温熱療法を行っています。

光温熱療法はがん細胞の生存温度の上限(42℃程度)と正常細胞の上限(45℃)の差を利用し,熱に弱いがん細胞のみを死滅させる治療法で、基本的に麻酔は不要で治療中は程よい温熱感で苦痛を伴わない動物に優しい治療法で他の治療法との併用も可能です。

光温熱治療

「近赤外線」という特殊な光を患部に当てることでがん細胞を死滅させたり、痛みを和らげたり、炎症を抑えたりする事ができる治療法です。
光温熱療法で用いられる機器スーパーライザーは、光の中でも最も深達性の高い波長帯の近赤外線を高出力でスポット状に照射することができます。

がん(腫瘍)

がん細胞の生存温度の上限(42度前後)と正常細胞の生存上限(45度)の差を利用してがん細胞のみを壊死させる治療法です。
さらに、がん細胞に特異的に集積する特殊な染料を静脈投与しスーパーライザーの光をあてる事で活性酸素が発生しがん細胞をたたくことができます。

  • 1.体の外から温熱を加えるので痛みがなく、副作用もほとんどない。
  • 2.抗がん剤等のほかの治療とも併用可能
  • 3.再発予防にも利用可能
  • 4.他のがん治療に比べて費用が安く、通院で行える。
  • 1.適応箇所が限られる
    (適応箇所:体の表面のガン、口腔内のガン、腹腔内のガン)
  • 2.頻回の全身麻酔が必要

骨格系疾患

スーパーライザーは人の理学療法で使われる近赤外線発生装置ですので、光と熱で筋肉をほぐし、血流を良くすることで、椎間板ヘルニアの改善が見込めます。
また、高齢になるにつれ、股関節・膝関節などの関節に痛みが生じるケースがあります。
そのため、鎮痛剤を常用している方も多いかと思います。スーパーライザーを使うことで、痛みが減少し、鎮痛剤の減薬が期待できます。

口内炎・歯肉炎

高齢のネコちゃんでは、口内炎のためステロイドを常用するケースが多いですが、また副作用の心配もあります。
口の外側からスーパーライザーを照射することで、痛みの軽減につながるため、ステロイドの減薬が期待できます。施術には麻酔をかけることなく、また痛みを感じることはありません。

Homeopathy, Chinese medicine

ホメオパシー・漢方

ホメオパシーとはHomeopathy

病気の治癒をめざす思想

サミュエル・ハーネマンというドイツ人の医師により確立された医学の一部門です。人間や動物に病気の症状を引き起こす物質は、どれも同様の症状を示す病気の治療に用いることができる、という考えに基づき治療を行います。
ホメオパシーに基づく治療では、西洋医学の一般的な薬で起こりうる薬の副作用や、投薬の中断による症状の悪化・再発がありません。
一つの病気の診断に基づき、「病気を治す」というよりは「症状を回復する」ことで、永続的な回復を得られることがホメオパシーの理想です。

ホメオパシー

ホメオパシーでは病気の動物の全体像を一つのパターンとしてとらえ、それに最も類似しているパターンを持つホメオパシー薬(レメディ)によって身体の持つ自己治癒システムを刺激し、量的な反応ではなく質的な反応を引き起こして回復を促します。一般的な薬ではなく、ハーブ・天然由来のエッセンスや漢方薬などのことを、欧米では総称して、「レメディ」と言います。

ホメオパシーのレメディは必要な時にしか効きません。健康な状態のときにレメディを処方しても何の作用も出ませんが、病気に応じた適切なレメディを処方した時のみに効果が出ます。
そのため、当院でもホメオパシーは副作用の少ない体に優しい療法としておすすめしています。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

近年、ペットの高齢化によって完治しない病気、いわゆる「慢性病」が増えてきました。例えばがんの場合、抗がん剤治療ではつらい副作用が伴ってきてしまいます。
大切なペットには出来る限り長く、苦しむことの少ない余命を過ごしてほしい。
当院ではそんな思いから、高齢のペットに副作用なく自然治癒力を高めるホメオパシー治療をおすすめしています。

現代の漢方薬についてFor herbal medicine of modern

飲みやすい安心安全の漢方薬

一般的に「漢方薬」というと、草木の根っこをぐつぐつ煮て煎じたものをグビッと飲むようなイメージがあるかもしれません。
ですが、それは古典漢方のことで現代の漢方薬は違います。

現代の漢方薬は、今、生きている動物たちのために合わせた漢方薬なので、錠剤や粉、カプセル、水溶液とさまざまな形態があり、昔に比べると随分飲みやすいものへとなってきました。
なので当院で使用している漢方薬は、すべて現代漢方(近代漢方)で、飲みやすいものですのでご安心ください。

東洋医療と西洋医療のちがい

本来、西洋医療も東洋医療も、いのちを救うために存在しているはずです。
西洋医学が身体の解剖と各臓器組織の機能に注目して、細かく検査をしてその異常部分を特定した後に、直接的にその部分を治療していくことに対して、東洋医学は身体の表に現れる症状、そして、その子の暮らす環境、食事等の身体以外の部分も考慮にいれて病気を身体の内面と環境の両面から治療していく点が異なります。

ですから、ペットの症状や状態に合わせて何が一番最適なのかという使い方が大切になってくるのです。

漢方薬

漢方薬は身体が正常な状態であろうとする臓器組織及び臓器組織間のバランスの崩れ・歪みにより病気が発生したと考えます。
よって、四診(望診、切診、聞診、問診)という東洋医学の伝統的な検査方法によりバランスの崩れ・歪みの原因を探し出し、様々な薬効をもつ生薬の組み合わせ(処方)により、現在の症状を治しつつ身体のバランスを取り戻し、結果的にその病気を治療します。特定の病変組織を攻撃しませんので薬効は強くありませんが、身体への負担が少ないのが特徴です。

本来持つ身体のバランスを崩さずに整えることで癒す

西洋のお薬は作用する部分と効果が明らかで理解しやすい一方で、過量投与や過敏反応により、却ってマイナスに作用したり副作用の元となります。
漢方の場合、例えば利水薬(利尿薬)のように、体内の水分が足りない場合にはおしっこの量を減らし、体内に水分が多い場合には体外に排出するという、体内の調和を保つように働きます。
このように漢方は、調和を崩さず身体が自ら整える(整体作用)作用を促しますので、お薬を服用しても症状の変化を詳しく伝えることのできない動物に対しては、有効かつ安全性が高いお薬です。

生薬の有効性と安全性が長い歴史の中で確かめられている

西洋のお薬は作用する部分と効果が明らかで理解しやすい一方で、過量投与や過敏反応により、却ってマイナスに作用したり副作用の元となります。
漢方の場合、例えば利水薬(利尿薬)のように、体内の水分が足りない場合にはおしっこの量を減らし、体内に水分が多い場合には体外に排出するという、体内の調和を保つように働きます。
このように漢方は、調和を崩さず身体が自ら整える(整体作用)作用を促しますので、お薬を服用しても症状の変化を詳しく伝えることのできない動物に対しては、有効かつ安全性が高いお薬です。

生薬の多くが植物由来で飲みやすい

漢方の多くは植物から構成されます。動物達が日常生活で接している植物ですので、味も匂いも馴染みのあるものですので、違和感なく服用することができます。

いろいろな飲ませ方ができる

西洋薬は錠剤、粉剤、液剤、注射剤等、お薬によって飲ませる方法が定められています。注射は痛みを伴いますし、注射剤を飲ませても効果は得られません。
漢方は主に経口で服用でき痛みを伴いません。また、錠剤、粉剤、液剤(煎じ薬)と、様々な服用方法を選ぶことができますので、その子にあったベストな服用方法を選ぶことができます。