札幌市中央区の動物病院 アニマルクリニック永山公園 | ワクチン接種(狂犬病ワクチン、犬混合ワクチン、猫混合ワクチン、避妊・去勢手術 一般外科手術を行っています。

アニマルクリニック永山公園

01

Greetingごあいさつ

Director Greetings

院長ごあいさつ

Message

アニマルクリニック永山公園の院長重信です。
平成25年4月1日に開院以来、西洋医学に鍼灸と漢方治療を取り入れた獣医療を実践しています。
西洋医学による治療を行いつつ、そこに東洋医学を取り入れることで疾患の根治治療を目指しています。
東洋医学治療としては具体的に、五行論や陰陽論に基づいた東洋医学的診断に基づき、「鍼」「灸」「漢方」等による治療です。
「鍼」と聞くと痛そうに聞こえますが、そのようなことはありません。刺入する鍼は最小限にし、刺さない鍼(圧鍼、ダイオード鍼)も駆使して、ツボへの適度な「灸」や特殊な鍼治療も作用して、更に、「オゾン療法」を加えることでより治療効果を上げることができます。
高齢疾患や免疫性疾患、関節や神経系疾患その他多くの病気を西洋と東洋医学の統合で効果的に診断、治療していますので、ペットの病気や健康でお困りの際は是非当院にお越しください。

Career

院長経歴

札幌市中央区生まれ。
昭和59年3月酪農学園大学獣医学科大学院を修了し、同年4月北海道農業共済組合連合会入会。
10年間北見、帯広、釧路にて勤務しその後札幌勤務となる。
平成12年から、NPO法人「北海道ボランティアドッグの会」でアニマルセラピー活動に従事し、現在は理事として運営に関わる。
平成22年6月に国から派遣されて宮崎県で発生した口蹄疫の殺処分、防疫活動に従事。
平成24年12月末農業団体を退職。
複数病院で研修後、平成25年4月1日、アニマルクリニック永山公園を開院。

Foot-and-mouth disease

宮崎での口蹄疫

2010年4月中頃、宮崎県内で口蹄疫の症状が見られる牛が出てきて検査が行なわれます。その結果、和牛三頭に口蹄疫の疑いがあると判断されました。
その後、農林水産省は赤松広隆農林水産大臣を本部長とする口蹄疫防疫対策本部を設置しました。
口蹄疫とは、口蹄疫ウイルスによる家畜の伝染病で法定伝染病に指定されています。特徴は家畜同士での高い伝播性、罹患した動物の生産性の低下などです。
人間に感染することはごく希で仮にかかっても症状は軽く、口蹄疫に感染した家畜の肉を食べて感染することはないということでした。
4月25日には殺処分予定の牛が1000頭を突破し過去最大級の被害となることが確定的となりました。そのため東国原知事は4月27日、農水相や自民党総裁に支援を要請します。院長重信は国から派遣され、口蹄疫の殺処分、防疫活動に従事しました。
6月までに感染が発見された数は291例。殺処分対象だった家畜は約27万6,000頭になりました。
しかし夏に入ると、必死の対策が功を奏したか感染は発見されなくなり、発生から130日目の8月27日に終息宣言が出されました。
それまでに殺処分など被害を受けた農場は1277件、殺処分された家畜は28万8649頭、川南、都農、高鍋、新富、木城の県東部5町では、すべての牛と豚がいなくなるほど被害は拡大していました。

Staff

スタッフ紹介

Hospital referral

院内紹介

Access map

アクセスマップ